EDの主な3つの原因について

EDの原因

男性ならだれしもがなりうるEDですが、日本ではEDになる以上に、EDになった後の世間的風潮が深刻な問題になっています。

日本人男性の3人に1人がEDと言われるほどのED患者があふれる日本で、友達や周囲の人になかなかEDについて相談できない状態であります。

また、ED治療薬のレビトラを製造しているバイエル薬品のアンケート調査によると、EDに対する偏見や誤解を存在するとした回答が6割以上という結果も出ています。

まさに、風潮通りであり、今のED患者は強制的に自分でEDを解決していかなければならない現状にあります。

今回はEDの主な3つの原因について書いていきますので、自分で解決する為にも、ED予防のためにも、ご確認ください。

EDには大きく分けて3つのタイプがあり、近年では中高年の男性だけでなく、若い10代~20代の男性にまで起こるようになっています。

その3つの内の1つ目が心因性EDです。

主にストレスが原因でなるEDです。

日常の些細なトラブルや、会社での上司への対応、パートナーとの価値観のずれなど、考えれば考えるほど、見当たるストレスがすべて心因性EDの原因になります。

このように原因が分かるものは、ED治療薬などでも治すことが可能ですが、幼い時の体験や性的トラウマ等が原因の場合は、ほとんどが無意識で行なっていて、治療するのが難しいとされています。

次に器質性EDです。

こちらのEDは加齢により起こる場合と生活習慣により起こる場合があります。

遅かれ早かれ人は年老いていき、血管の障害などがおきてなります。

生活習慣による場合は、糖尿病や高血圧により血管に障害が起こってなります。

どちらも、健康な生活を送ることが予防になるでしょう。

最後に、一部の薬によりEDを引き起こす薬剤性EDです。

抗うつ薬や降圧剤などを常時服用している人は注意してください。