ED治療薬の注意点

注意点

ED治療薬は日々進歩しており、どんどん精度の高い治療薬が出てきています。

また、ED治療薬の存在は浸透してきており、EDになっても治療薬で完治することが可能だと多くの人が知っているでしょう。

インターネットで海外から医薬品であるED治療薬を、手軽に購入することもできますので、より効果の信頼性も高まっているでしょう。

しかし、忘れてはいけないのが、このED治療薬が市販に売られている薬とは違い、本物の医薬品であるということです。

医薬品であるということは、市販薬と比べると、効果が強くてより結果にコミットする作りになっているということです。

しかし、ついでに副作用もついてきます。

今までは、医者が詳報することでしか、購入できませんでしたので、あなたの代りに医者が計算してあなたの身体に合わせた分量を提示してくれましたが、インターネットで購入しますと、誰もあなたの代りに分量を測ってはくれません。

ですので、知らずに余分に取り過ぎたりして副作用を発症させるケースもあります。(ED治療薬の効果に血管拡張作用があるため)

主な症状は、ほてり、赤らみ、頭痛、めまい、動悸、消化不良、吐き気、おう吐、視覚障害などがあげられます。

ほとんどが軽度で、ED治療薬の効果が切れると同時に副作用もなくなります。

また、併用禁忌薬もあり、併用して別の薬を服用している場合は、専門機関に受診して確認を取ることをオススメします。

特に、心臓の薬(硝酸剤やニトログリセリンなど)を使っている方は、服用できません。

万が一服用して発作などが起こった場合は、その場で安静にして、医療機関に連絡をとりましょう。

その際は、ED治療薬を使ったことを必ず伝えてください。

もし、そのまま何も言わずにいると、狭心症と判断され、ニトログリセリン系の薬を投与されてしまいます。

上記でも記載してある通り、ED治療薬とニトログリセリン系の薬は同時に服用できません。