早漏の3つの原因について

早漏を改善しようと考えた場合、まず初めにすることは早漏の原因を見つける事ではないでしょうか?

ドラマなどで殺人事件の犯人を見つけ出し、解決するとき、いろいろな関連事項を調べるはずです。

そうしないと、その殺人事件の真相が見えてこず、解決の糸口を手繰り寄せることが出来ないからです。

早漏改善をする時も同じであり、早漏の原因を知ることで、早漏になりそうな行動を避け、早漏予防にもなりますし、早漏を悪化させない事にもつながり、効率的な早漏改善へと進んでいけると思います。

今回は早漏の大まかな3つの原因を紹介しますので、早漏初心者や、早漏を本気で改善したい人は、確認してください。

早漏の原因は大きく分けて3つに分けることが出来ます。

それは過敏性早漏、心因性早漏、衰弱性早漏です。

過敏性早漏とは、名称の通りペニスが過敏すぎる(ペニスが刺激に弱い・一般人よりも刺激を強く感じてしまう)ことが、原因になります。

このタイプは普段の生活でパンツこすれ等のの刺激から亀頭が守られている包茎の方に多いです。

包茎でも、早漏でない人はいますので、包茎を治療したからと言って、早漏が治る訳ではありません。

次に心因性早漏です。

心因性早漏は、主に若い人に多い早漏の原因です。

セックス経験が浅いと、女性の裸や行為そのものに過剰に興奮してしまい射精してしまいます。

この心因性早漏が早漏患者の半分を占めていると言われており、セックスになれることが改善の近道になります。

最後は衰弱性早漏です。

この衰弱性早漏は誰でも経験する可能性のある早漏になります。

なぜなら、歳をとると誰もが筋肉や運動機能が低下するように、射精をコントロールする射精閉鎖筋という筋肉が衰えることが原因だからです。

このタイプはほとんど中高年に見られます。

スクワット等で鍛え直すこともできます